アウトドア道具

SOTOの新世代焚き火台エアスタのレンタル開始!使用レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
エアスタ

GREAT JOURNEYSOTO(ソト) エアスタ (ベース&ウイングLセット)のレンタルを開始しました!

スポンサーリンク

エアスタは従来の焚き火台とは異なり、空気による着火アシスト機能があります☆ その名もエアアシストスタートシステム! 従来の焚き火台は着火剤やチャコスタ等の火起こし機を使って着火するのが一般的ですが、エアスタは着火剤もチャコスタも不要です! その辺の乾いた小枝を少し集めれば、それが種火になって薪に着火します♪

GREAT JOURNEYのレンタルは↓から!

SOTO(ソト) エアスタ ベース&ウイングLセット

購入は↓から

使用した感想

実際に使ってみた感想ですが、想像以上にいいです!! エアアシストスタートシステムのおかげで火の付きがすごくよくて、薪の燃え残りも少ないです! 焚き火台としてはすごく優秀だなーと思います♪ 僕が使った時は着火剤も使わず、その辺に落ちている小枝を集めて火を付けました。

良かった点

  1. 火付の良さ。着火剤やチャコスタ使わずにその辺の小枝ですぐ火が付きました。
  2. 燃え残りが少ない。
  3. 収納バッグも丈夫で問題なし。

残念な点

  1. ちょっと重い。
  2. 組み立てにコツがいる。
  3. 単独で調理等に使えない。トライポッド使えば大丈夫だけど・・・ 今後のオプション等の拡張に期待。

わからない点

  1. 耐久性。SOTO製だけあってめちゃくちゃ丈夫そうに見えるけど、使用を重ねてどうなるか・・・

組み立て

それでは組立方法の説明していきまーす!
SOTOの公式動画

①まずは展開

エアスタ1
↑ベース(本体)とウイング4枚、アンダートレイです。

②アンダートレイに本体をセット

エアスタ2

↑本体ベースにフィンキャップがついているので、回しながら外します。

エアスタ3

↑アンダートレイにフィンキャップを置きます。

エアスタ4

↑ベースの足を広げて、フィンキャップの上に置きます。

 ③ウイングの取り付け

エアスタ5

↑ウイングの片側をベースの凸部分に差し込む。 差し込まない側は下げておく。下に傾けておかないと差し込みにくくなります。 

エアスタ6

↑もう片側を上に押し上げながら差し込む。ここが少しコツが入ります。ハマりにくい。

エアスタ7

↑ウイングを4枚すべて取り付けます。

エアスタ8

↑横から見た図。フィンキャップが上昇気流を作ります

④着火

エアスタ7

↑その辺の小枝を拾って、筒に入れます

 エアスタ8
↑下から火を付けていきます。上からでもOKですが、下からのほうが付きやすいと思うので。
チャッカマンとかあれば便利っすね。この時は持っていなかったので、普通のライターや小枝で頑張って火を付けました(´・ω・`)
エアスタ9
 ↑火がつくとすぐに小枝が燃え上がりました!(゚∀゚)!!
 エアスタ10
 ↑流れにのって薪を投入!すぐに薪も燃え上がりました!(゚∀゚)!!!!!!!
ちなみに、薪が最高にバーニングしている写真は撮り忘れました(´・ω・`)
エアスタすごくいいです!! 購入悩んでいる方は、GREAT JOURNEYでレンタルできるんで、是非一度お試しください♪
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

レンタルサイトへGO!

記事をご覧いただきありがとうございます! アウトドア用品が必要ならGREAT JOURNEYのネットレンタルサイトへGO!

レンタルサイトへGO!

コメントを残す